出会い系でメル友を募集する

出会い系のイメージは男女交際の性的イメージが強い。
けれどもSEX目的だけで利用しているわけではない。
メル友が欲しいから――そういった理由で使っている人も意外?と多いのだ。
折角の出会い系なのだ。
利用するならば恋人同士や結婚相手探しで利用しただろう。
けれどもインターネット上でのメル友は、リアル世界の友だちよりも返って悩みを相談しやすい長所がある。
だからこそユーザーも多い。
実生活の利害関係がある人間関係は煩わしいのだ。
インターネットではそういったしがらみは一切ない。
そして出会い系に多いサクラも、さすがにメル友目的の人物にはアプローチしないようだ。
一切の対面を排除するつもりならば、プロフィールに明記しておくこと。
そうすればデートを期待する人物からのアタックも回避できるし、じっくりとメル友と語り合える。
こういった形で見つけたメル友はあなたと似た感性だろう。
メール交際も長期間続いている場合が多い。
出会い系でメル友専門のサイトはあまり多くはない。
探してみれば良いサイトが見つかる場合もある。
LINEと比較されがちな出会い系だが、LINEは面識がある人達のコミュニケーション。
新しい友だちを作るならばやはり出会い系の利用に行き着くのだ。

出会い系のプロフィールを軽くみてはいけない

LINEと出会い系の違いはどこだろうか。
それは面識があるかどうかの違いだ。
出会い系は面識がない異性とのメール交流。
相手を見つけ出すには自己PRが肝心。
充実したプロフィールを作成しておけば会員全員にアピールすることになる。
男性の場合は女性の身体を狙っている人も多い。
性格よりもなによりもSEXできれば良いという考えだ。
しかし女性は違う。
女性はメールが到着したら、相手の人物像を知りたいのでプロフィールを閲覧する。
そしてプロフィールが信頼できる人物ならば返事をしたり、デートしたりする。
けれども面識がない女性に信頼感を持っていただくのは簡単にはいかない。
自分を美化しようとして、ベンツに乗っているとか一部上場企業に勤務しているとかは怪しい。
あまりにもリアリティがなさすぎて警戒される。
けれども消極的過ぎるのも駄目。
人見知りをするから友だちもいない――こんなプロフィールだったら同情されることもないしウザイと思われるだけ。
自慢話のオンパレードやネガティブなプロフィールはNGだ。
清潔感があり爽やか系。
こういった好感度が高いプロフィールが理想だ。
出会い系サイトを利用する動機なども披露しておくとより一層出会いやすくなる。
この際に一度自分のプロフィールを見直してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">